DeHorang株式会社

  • よくあるご質問

独立支援制度 インタビュー 独立支援制度を利用している・これから利用 しようと考えているスタッフにインタビュー

スタッフの人柄がお店の 雰囲気を創り出しています。 肉焼屋 此花店 坂本 昌也

NSCから焼肉屋へ

高知県出身なので、独立支援制度を使用して高知県で肉焼屋を出そうと思ってます。
もともと5年前に吉本のNSCに行くために大阪に来て、その時アルバイトで肉焼屋に入ったんですけど、そこから現在は社員として勤務しています。社員になった時に、社長・専務から「入るからには目標を持たなアカンぞ」と目標を持つことの大切さを教えていただきました。そこで「地元の高知県で肉焼屋を出す」という目標が出来たのがキッカケです。
まだまだ独立していくまでのレベルは足りないですが、自分で独立していきたいとう夢はあります。
実は、最初は独立なんて全く考えていませんでした。自分の視野を広げてくれたのもDeHorang株式会社で働いていたからです。

もし肉焼屋の独立支援制度を使用しない場合、一番の不安はお肉の仕入先ですね。
1から仕入先を探していくと値段も高くなります。実際に1人で高知にお店を出すとなると、仕入先が大変だなとは感じています。

強みは仕入先

肉焼屋の強みはやっぱり仕入先ですね!実際に肉焼屋のお肉の質と値段で独立しようというのは難しいと思います。高知県の焼肉屋さんのお肉は美味しいんですが、その分価格が高くなってしまいます。質と価格で勝負していきたいと思うなら、肉焼屋が良いですね。

まずは、店長になることが目標です!
そこから実際にお店創りを学んでいきたいです。

スタッフの人柄がお店の雰囲気を創り出している

人が良いことが肉焼屋の良いところです!
そこが実際にお店の雰囲気にもなっていると感じています。

page top

page top